小説関根名人

ショウセツセキネメイジン
  • 電子のみ
小説関根名人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

明治から昭和にかけて活躍した「近代将棋の父」こと、十三世名人・関根金次郎。生まれは千葉の宝珠花で、子どものころから将棋が強く、人呼んで宝珠花小僧。10代前半で上京、十一世名人伊藤宗印に弟子入りし、その後、若手花形棋士となった青年金次郎は、師匠に勧められ修業の旅に出る。そこには、人情、恋、そして勝負の日々が待っていた……、という表題作のほか、天野宗歩(留次郎)の青年期を描いた「勝負一代男」、「勝負師 木村義雄」も収録。

製品情報

製品名 小説関根名人
著者名 著:倉島 竹二郎

オンライン書店で見る