鮮血洋燈

センケツランプ
  • 電子のみ
鮮血洋燈
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

洋燈(ランプ)に隠された、ロマノフ王朝最後の王女・タチアナの宝石を巡って、ロシア、満洲、日本を舞台に繰り広げられた殺戮と惨劇。だが、実はその宝石は、ある日本人が軍に供出していた品で、ある日本の大臣が秘匿しようとしていたことがわかり……。元・日本探偵作家クラブ会長の手による、戦争が生んだ狂気を描いた傑作ミステリー。

©WATANABE AZUMA

製品情報

製品名 鮮血洋燈
著者名 著:渡辺 啓助

オンライン書店で見る