戦国残党記

センゴクザントウキ
  • 電子のみ
戦国残党記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

結城中納言秀康の庶子・松平孫次郎忠雄は、世を拗ね家を嫌って、大阪夏の陣に大阪城へ入城し、落人として追われる身となったが、性来の叛骨から、夏の陣に加わらなかった織田左門の邸に乗りこみ、好色の左門の手から千姫づきの侍女・お浅を救った。お浅を知り、女への愛に目覚めた苦悶の身を、流浪の空に託す青年公子・孫次郎の奇嬌奔放な行状を描く長篇。

©Yamamoto Naoko

製品情報

製品名 戦国残党記
著者名 著:中山 義秀

オンライン書店で見る