子供の眼

コドモノメ
  • 電子のみ
子供の眼
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

利発な、長いまつげをした小学校3年の修。実母は病気で世を去り、新しく来た母・幸子は歯科医で、結婚後も実家の仕事場通い。父も勤め人だし、家を切りまわすのは若い叔母の喜世子だけ。黙って梨の実をかじる修の童心の四季に、父の不満や義母の気苦労、婚期にある叔母のあせりなど、おとなの生活と愛情の重みが投影する。「第二の母をもった私の経験が、この作品にいちばん入っている」と作者は自らいう。一度はこわれかけて、また作り直される善意の人々の<家庭>の中に、ひとり眼をみはる修少年のすがたを、流麗の文章にうたいあげた秀作。

©SHOHEI KUBOKAWA

製品情報

製品名 子供の眼
著者名 著:佐多 稲子

オンライン書店で見る