夜と昼と

ヨルトヒルト
  • 電子のみ
夜と昼と
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

静子は過去に一度結婚したが、夫に女ができると自ら身を引いて別れるような、内気なやさしい性質であった。姉の愛子の家に、妹の珠子とともに身を寄せているが、姉たち夫妻のいまだに新婚気分の漂う幸福そうな様子、バレエに打ち込む珠子に較べ、女としての自分の幸福を夢みることもあった。静子は姉の夫の弟の和夫に親しみを感じていたが、和夫の方も共かせぎを続ける妻のさばさばした性格とは違って、いつも「女」を意識させる静子にひかれてゆき、やがて二人は周囲の人々の目を忍ぶ暗い情熱に結ばれてしまう。現代社会における愛のあり方を追求した力作。

©SHOHEI KUBOKAWA

製品情報

製品名 夜と昼と
著者名 著:佐多 稲子

オンライン書店で見る