太陽がみつめる

タイヨウガミツメル
  • 電子のみ
太陽がみつめる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

運は気まぐれなものである。8回表、中屋投手の乱れから、海城高校の1点のリードが危うくなったとき、早崎監督の頭に閃いたのは、度胸のいい刀根英一郎一塁手をリリーフに使うことだった。作戦は当たった。以来、刀根は大型の速球投手として腕をあげ、別所投手の再来とまで注目されるようになった。尊敬するプロの尾上捕手とも口をきく機会をえたが、これは高校野球にあるまじき卑劣な陥穽からだった。プロのスカウトが美辞をつらねて寄ってくる。巧妙なスカウト、刀根家の困惑……。英一郎の心の窓は、いつか同級生の清子に開かれていた……。文壇随一の野球通たる著者の力作。

©RYOKO FUJISAWA

製品情報

製品名 太陽がみつめる
著者名 著:藤澤 桓夫

オンライン書店で見る