首の鎖

講談社文庫
クビノクサリ
  • 電子あり
首の鎖
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

勝村瞳子、独身。自分を疎ましがる母の介護と、実家の店でこき使われているうちに一日が終わる。恋人には、妻がいる。
そんな中、病院の待合室で丹羽顕と出会う。彼は、妻からのDVに悩まされていた。
愛しているのに苦しい、家族への複雑な想いを初めて理解し合えた二人は、ある殺人事件を機に共犯者となるが――。

製品情報

製品名 首の鎖
著者名 著:宮西 真冬
発売日 2021年06月15日
価格 定価:682円(本体620円)
ISBN 978-4-06-523769-4
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2018年5月に小社より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:宮西 真冬(ミヤニシ マフユ)

1984年山口県生まれ。『誰かが見ている』で第52回メフィスト賞を受賞し、デビュー。他の著作に『首の鎖』(本作)『友達未遂』など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る