さかさま少女のためのピアノソナタ

講談社文庫
サカサマショウジョノタメノピアノソナタ
  • 電子あり
  • 映像化
さかさま少女のためのピアノソナタ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

痺れる余韻。

ピアノの調べは戦慄のはじまりだった……。

ミステリの面白さが詰まった5つの物語。
大ヒット作『私たちが星座を盗んだ理由』の驚愕、再び!

古書店にあった「絶対に弾いてはならない!」と記された謎の楽譜。その旋律をピアノで奏でた高校生を襲う戦慄の出来事とは。TVドラマ化された表題作をはじめ、世にも奇妙な5つの物語を収録。美しくも切ない世界が一瞬にして変わる結末、心ざわつく余韻。これぞミステリの醍醐味。〈『千年図書館』を改題〉

【あなたの予想を超えるどんでん返し! 5つの短編ミステリ】
死後の世界と禁忌の谷に心を囚われた少女の物語 「見返り谷から呼ぶ声」
村で凶兆があるたび若者が捧げられる図書館の秘密「千年図書館」
地球侵略中の異星人に遭遇した大学生の奇妙な日々「今夜の月はしましま模様?」
巨大で奇怪な墓を村のあちこちに建てる男爵の謎 「終末硝子(ストームグラス)」
呪われた曲を奏でた傷心の高校生におこる不可思議「さかさま少女のためのピアノソナタ」

目次

  • 見返り谷から呼ぶ声
  • 千年図書館
  • 今夜の月はしましま模様?
  • 終末硝子
  • さかさま少女のためのピアノソナタ

製品情報

製品名 さかさま少女のためのピアノソナタ
著者名 著:北山 猛邦
発売日 2021年07月15日
価格 定価:737円(本体670円)
ISBN 978-4-06-523680-2
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2019年1月に講談社ノベルスとして刊行した『千年図書館』を改題、改稿したものです。

著者紹介

著:北山 猛邦(キタヤマ タケクニ)

1979年、岩手県生まれ。2002年、『「クロック城」殺人事件』で第24回メフィスト賞を受賞しデビュー。
物理トリックへの並々ならぬこだわりから「物理の北山」と呼ばれ、本格ミステリ界で注目を集めた。
また繊細な人間ドラマと優しいキャラクターの切ない物語にも定評がある。
代表作に「城」シリーズ、「名探偵音野順の事件簿」シリーズ、「猫柳十一弦」シリーズ、ゲーム『ダンガンロンパ』のノベライズシリーズ、短編集『私たちが星座を盗んだ理由』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る