虹に立つ侍(下)

ニジニタツサムライゲ
  • 電子のみ
虹に立つ侍(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

家老・岩崎とその一味の奸計は、緻密だ。「御舎弟松之丞さま御国入り」と詐って、監禁中の世嗣ぎ・寿五郎を、江戸から尼崎に送り「癈人」にしようとしている。笹井又四郎は、その行列を襲い、寿五郎を救出しなければならぬ。無論、悪党一味はワナを仕掛けて、それを待つはずだ……。又四郎に、厄介がまたひとつ殖えた。それは将軍家姫君の喜久姫が、身を腰元にやつしても、又四郎に同行するというのだ。姫は尼崎家への嫁入りよりも、又四郎の颯爽たる侍ぶりに魅せられたらしい。「虹に立つ侍」又四郎も、こうなれば身分を明かさぬ訳にはいかぬ。寿五郎の行列は発った。<上下巻>

製品情報

製品名 虹に立つ侍(下)
著者名 著:山手 樹一郎

オンライン書店で見る