天保紅小判

テンポウベニコバン
  • 電子のみ
天保紅小判
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

長崎の豪商・平戸屋民右衛門は、江戸に7軒の出店を持ち、年に1万両ずつ長崎へ送らせていた。その民右衛門が獄死して5年、出店の一つ、松戸屋の主人・仁右衛門と、蔵にあった預り金35万両が、ある日突然消えてしまった。曰くありげな浪人・阿保八郎は、娘曲芸師・子狐太夫、料亭・青柳の若い女主人・お美津などに巧みに近づきながら、徐々に事件の核心に迫って行くのだった。

製品情報

製品名 天保紅小判
著者名 著:山手 樹一郎

オンライン書店で見る