濡れにぞ濡れし

ヌレニゾヌレシ
  • 電子のみ
濡れにぞ濡れし
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

恐怖と表裏をなしている幼年時代の性の記憶、羞恥に彩られた少年期の性の意識……京都の三高に入学した私は、倉田百三の「出家とその弟子」の恋愛観、ひいては親鸞の「歎異鈔」の倫理観によって、新しい精神の世界にめざめていった。性には罪悪感がつきまとう。私には愛を伴わない情慾は考えられない。東大に進学した年、六本木のカフェで女給の柳とく子に逢ったとき、私は「ここに私の妻がいた」と直感する。彼女と旅に出た私は、宿では手を握り合って寝たが、帰京した夜、彼女の下宿で初めて烈しい性衝動に襲われ……。晩年までの性中心の自伝で、絶筆となった長篇。

製品情報

製品名 濡れにぞ濡れし
著者名 著:外村 繁

オンライン書店で見る