碆霊の如き祀るもの

講談社文庫
ハエダマノゴトキマツルモノ
  • 電子あり
碆霊の如き祀るもの
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

碆霊様を祀る、海と断崖に閉ざされた強羅地方の村々。その地を訪れた刀城言耶は、村に伝わる怪談をなぞるように起きた連続殺人事件に遭遇する。死体に残された笹舟。事件の現場となった”開かれた密室”の謎。碆霊様が遣わすという唐食船とは何なのか。言耶が真相にたどり着いたとき、驚愕の結末が訪れる。

”碆霊様”は何を祀る?
”唐食船”の正体とは?

海辺の寒村に伝わる四つの怪談。
怪談をなぞり起こる連続殺人事件。
数多の謎に、刀城言耶が挑む。

死体に残された笹舟。”開かれた密室”。
刀城言耶の訪れる先で、またも不可解な事件が起こる……

製品情報

製品名 碆霊の如き祀るもの
著者名 著:三津田 信三
発売日 2021年06月15日
価格 定価:1,177円(本体1,070円)
ISBN 978-4-06-523817-2
判型 A6
ページ数 640ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2018年6月、原書房より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:三津田 信三(ミツダ シンゾウ)

編集者を経て2001年『ホラー作家の棲む家』(講談社ノベルス/『忌館』と改題、講談社文庫)で作家デビュー。2010年『水魑の如き沈むもの』(原書房/講談社文庫)で第10回本格ミステリ大賞受賞。本格ミステリとホラーを融合させた独自の作風を持つ。主な作品に『忌館』に続く『作者不詳』などの“作家三部作”(講談社文庫)、『厭魅の如き憑くもの』に始まる“刀城言耶”シリーズ(原書房/講談社文庫)、『禍家』に始まる“家”シリーズ(光文社文庫/角川ホラー文庫)、『十三の呪』に始まる“死相学探偵”シリーズ(角川ホラー文庫)、『どこの家にも怖いものはいる』に始まる“幽霊屋敷”シリーズ(中央公論新社/中公文庫)、『黒面の狐』に始まる“物理波矢多”シリーズ(文藝春秋/文春文庫)などがある。刀城言耶第三長編『首無の如き祟るもの』は『2017年本格ミステリ・ベスト10』(原書房)の過去20年のランキングである「本格ミステリ・ベスト・オブ・ベスト10」1位となった。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る