キツネ目 グリコ森永事件全真相

キツネメグリコモリナガジケンゼンシンソウ
  • 電子あり
キツネ目 グリコ森永事件全真相
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

147通にも及ぶ膨大な脅迫状、600点以上の遺留品、さらには目撃、尾行までされながら、ついに時効の彼方へと逃げ込んだ「グリコ森永事件」犯人グループ。
その中心人物、かつ司令塔となったのが、「キツネ目の男」だった。
グリコの江崎勝久社長を自宅から拉致して監禁、身代金を要求するという「実力行使」から、青酸入りの菓子と脅迫状の組み合わせによって裏取引し、企業からカネを奪おうとする「知能犯罪」、そしてメディアや世論を巻き込んだ劇場型のパフォーマンスまで、日本の犯罪史上に残る空前絶後の事件だ。
しかし、犯人グループは、その「痕跡」を消しきれていなかった。
当時、第一線で捜査にあたった刑事、捜査指揮した警察幹部、犯人グループと直接言葉を交わした被害者、脅迫状の的になった企業幹部など、徹底した取材で事件の真相をえぐり出す。
「少なくとも6人いた」という犯人グループの、役割分担、構成にまで迫る!
「キツネ目と仲間たち」の全貌が、闇の向こうから浮かび上がる――。

目次

序章 すべてのはじまり/内部犯行説/紺の背広の男/「かい人21面相ファンクラブのみなさんえ」

第1章 堤防道路 運命の15秒
襲われたカップル/リーダー格の男/身柄拘束!/幻のスクープ/目の前を通りすぎた犯人/1週間の軟禁生活/偶然の再会/刑事部長の悪夢

第2章 けいさつの あほども え――147通の手紙
脅迫状にこめられたトリック/肉声テープの効果/自力で脱出した江崎社長/「金髪モデル募集」の求人広告/恐怖心を人質にとる手口/犯人グループにいた35歳前後の女/株価ストップ安/「グリコは捨てる」/取引に応じるか、否か

第3章 「キツネ目の男」登場
次なるターゲット/黒澤映画と同じ/矢崎滋似の男/「全国のすいりファンのみなさんえ」/裏取引はあったのか

第4章 天国から地獄――森永製菓の闘い
森永に届いた脅迫状/「怪人二十面相」のスポンサー/すべての紙幣の表裏を撮影/ポリ容器の上の指示書/「森永の どあほが」/〈どくいり きけん〉シール/警察組織トップを挑発/千円パックで菓子を手売り/社員の子どもを装ったハガキ/「私ならヤミで払います」/森永が狙われた理由

第5章 滋賀県警の一番長い日
昭和天皇のご下問/会社としての決断/「骨は拾ってやる」/捜査態勢の見込み違い/目印は「白い布」/急発進したライトバン/またしても、すんでのところで/「現場」からわずか50メートル/『人民新聞』が暴露した

第6章 虚勢の果て
滋賀県警本部長の悲劇/殴り書きの遺書/いままでは運が良すぎた

第7章 キツネ目と仲間たち
キツネ目の男とビデオの男/モンタージュの女/3年前の「ダイエー脅迫事件」/言語障害のある男児/固形タイプの青酸ソーダ/北朝鮮スパイ説/京大中退の男

 終章  「ある会社から1億とった」/脅迫状に現れたキツネ目の男の変化/ロッテは模倣犯に引っかかった

製品情報

製品名 キツネ目 グリコ森永事件全真相
著者名 著:岩瀬 達哉
発売日 2021年03月11日
価格 定価:1,980円(本体1,800円)
ISBN 978-4-06-523129-6
判型 四六
ページ数 322ページ
初出 『週刊現代』誌上で連載した「かい人21面相は生きている グリコ森永事件27年目の真実」(第1部2010年12月18日号~2011年2月26日号、第2部2011年7月16・23合併号~10月15日号)をベースに、あらたな取材を加え、全面的に改変したもの。

著者紹介

著:岩瀬 達哉(イワセ タツヤ)

1955年、和歌山県生まれ。ジャーナリスト。2004年、『年金大崩壊』『年金の悲劇』(ともに講談社)により講談社ノンフィクション賞を受賞。同年「文藝春秋」に掲載した「伏魔殿 社会保険庁を解体せよ」で文藝春秋読者賞を受賞。2020年『裁判官も人である 良心と組織の狭間で』(講談社)によって日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。
他の著書に、『われ万死に値す ドキュメント竹下登』『血族の王 松下幸之助とナショナルの世紀』(ともに新潮社)、『新聞が面白くない理由』『ドキュメント パナソニック人事抗争史』(ともに講談社)などがある。

お知らせ・ニュース

お知らせ
『キツネ目 グリコ森永事件全真相』が「Yahoo!ニュース|本屋大賞 2021年ノンフィクション本大賞」にノミネートされました!

書店在庫を見る

オンライン書店で見る