エトワール! バレエ事典

青い鳥文庫
エトワールバレエジテン
構成:梅田 みか 絵:結布 その他:牧 阿佐美
  • 電子あり
エトワール! バレエ事典
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

バレエが大好きな少女・森原めいがバレリーナを目指す人気のバレエ小説「エトワール!」シリーズから、バレエ事典を刊行します。このシリーズの人気の秘密は、著者の梅田みか先生が子ども時代に真剣にバレエに取り組んだからこそのリアリティが詰まっているから! バレエを習っている人も、そうでない人も、バレエのことがもっとわかると小説もさらに面白く読め、また劇場で公演を観たときの感動もひとしおです。バレエの歴史や作品のあらすじ、バレエのテクニックや用語の意味など、これ1冊でバレエ通に! 牧阿佐美バレエ団監修の確かな内容です。スターダンサーの青山季可さん、清瀧千晴さんのインタビューや「エトワール!」シリーズ著者の梅田みか先生と、牧阿佐美さんの対談も収録!
<小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

製品情報

製品名 エトワール! バレエ事典
著者名 構成:梅田 みか 絵:結布 その他:牧 阿佐美
発売日 2021年05月26日
価格 定価:935円(本体850円)
ISBN 978-4-06-523171-5
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

構成:梅田 みか(ウメダ ミカ)

梅田みか(うめだみか)
作家・脚本家。東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。小説、エッセイのほか、人気テレビドラマの脚本を多く手掛けている。幼少期より橘バレヱ学校にてクラシックバレエを習う。小説『海と真珠』(ハルキ文庫)はその経験が生かされた本格的バレエ小説。バレエのほか、フィギュアスケートにも造詣が深い。

絵:結布(ユウ)

結布(ゆう)
イラストレーター。雑誌や書籍の挿絵、装画、漫画などで活躍中。『メニメニハート』(講談社青い鳥文庫)、「100%ガールズ」シリーズ(講談社YA! ENTERTAINMENT)、漫画の仕事に『闇の守り人』(朝日新聞出版)などがある。

その他:牧 阿佐美(マキ アサミ)

牧阿佐美(まきあさみ)
1934年東京に生まれ。母は橘バレエ学校初代校長の橘秋子。幼少時から母の指導を受け、バレエダンサーとなる。1954年アメリカに留学。帰国後の1956年、母とともに牧阿佐美バレヱ団を結成する。1971年橘秋子の死去に伴い、現役を引退して橘バレヱ学校校長として後進の育成、指導に当たる。1999年7月~2010年8月、新国立劇場舞踊芸術監督。2001年4月より新国立劇場バレエ研修所所長。1984年ニムラ賞、1987年 芸術選奨文部大臣賞、東京新聞舞踊芸術賞、舞踊批評家協会賞 、1996年紫綬褒章、2004年フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章、2008年文化功労者。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る