白医

文芸(単行本)
ハクイ
  • 電子あり
白医
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「先生の手で、終わらせてくれないか」

ホスピスで起きた3件の不審死。沈黙を貫く医師が抱える真相とは?
救うべきは、患者か、命か――。
『闇に香る嘘』『同姓同名』の著者渾身、“命の尊厳”に切り込む傑作医療ミステリー!



「先生は、患者を救ったんです――」
末期がん患者の水木雅隆に安楽死を行ったとして、裁判を受ける天心病院の医師・神崎秀輝。「神崎先生は私から……愛する夫を奪っていったんです…!」証人席から雅隆の妻・多香子が悲痛な声をあげるも一向に口を開こうとはしない。そんな神崎には他にも2件、安楽死の疑惑がかかっていた。患者思いで評判だった医師がなぜ――?
悲鳴をあげる“命”を前に、懊悩(おうのう)する医師がたどり着いた「答え」とは?

“安楽死”をテーマに描く、乱歩賞作家渾身の医療ミステリー!

製品情報

製品名 白医
著者名 著:下村 敦史
発売日 2021年05月26日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-523103-6
判型 四六変型
ページ数 282ページ
初出 本書は、「日刊ゲンダイ」2019年7月1日号~12月26日号まで連載されたものです。単行本化の際に改題(連載時は「残された命」)、加筆・修正いたしました。

著者紹介

著:下村 敦史(シモムラ アツシ)

1981年京都府生まれ。2014年に『闇に香る嘘』で第60回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。同作は数々のミステリーランキングで高い評価を受ける。短編「死は朝、羽ばたく」が第68回日本推理作家協会賞短編部門候補、『生還者』が第69回日本推理作家協会賞の長編及び連作短編集部門の候補、『黙過』が第21回大藪春彦賞候補に選ばれた。他の著作に、『悲願花』『刑事の慟哭』『絶声』『コープス・ハント』『同姓同名』『ヴィクトリアン・ホテル』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る