ブルーダイヤモンド <新装版>

講談社文庫
ブルーダイヤモンドシンソウバン
  • 電子あり
ブルーダイヤモンド <新装版>
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

生まれて初めて愛したのは、京都で出会った美しい娘だった。たたき上げの社長は彼女に金と愛情を惜しみなく注ぎ、自分の望む最高の女を作っていく。しかし娘は……。愛と欲望に目がくらんだ男を描く表題作他、愛に捕らわれた男女の切なさを描く、傑作短編集。

製品情報

製品名 ブルーダイヤモンド <新装版>
著者名 著:瀬戸内 寂聴
発売日 2021年06月15日
価格 定価:858円(本体780円)
ISBN 978-4-06-523045-9
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本作品は、1987年に講談社文庫で刊行されたものを文字を大きくし、装幀を変えて、新装版として刊行したものです。

著者紹介

著:瀬戸内 寂聴(セトウチ ジャクチョウ)

1922年、徳島県生まれ。東京女子大学卒。‘57年「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞、‘61年『田村俊子』で田村俊子賞、‘63年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。‘73年に平泉・中尊寺で得度、法名・寂聴となる(旧名・晴美)。‘92年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、‘96年『白道』で芸術選奨文部大臣賞、2001年『場所』で野間文芸賞、‘11年『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。‘98年『源氏物語』現代語訳を完訳。‘06年、文化勲章受章。また、95歳で書き上げた長編小説『いのち』が大きな話題になった。近著に『花のいのち』『愛することば あなたへ』『命あれば』『愛に始まり、愛に終わる 瀬戸内寂聴108の言葉』など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る