薔薇のなかの蛇

文芸(単行本)
バラノナカノヘビ
  • 電子あり
薔薇のなかの蛇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

変貌する少女。呪われた館の謎。
「理瀬」シリーズ、17年ぶりの最新長編!

英国へ留学中のリセ・ミズノは、友人のアリスから「ブラックローズハウス」と呼ばれる薔薇をかたどった館のパーティに招かれる。そこには国家の経済や政治に大きな影響力を持つ貴族・レミントン一家が住んでいた。美貌の長兄・アーサーや、闊達な次兄・デイヴらアリスの家族と交流を深めるリセ。折しもその近くでは、首と胴体が切断された遺体が見つかり「祭壇殺人事件」と名付けられた謎めいた事件が起きていた。このパーティで屋敷の主、オズワルドが一族に伝わる秘宝を披露するのでは、とまことしやかに招待客が囁く中、悲劇が訪れる。屋敷の敷地内で、真っ二つに切られた人間の死体が見つかったのだ。さながら、あの凄惨な事件をなぞらえたかのごとく。

可憐な「百合」から、妖美な「薔薇」へ。
正統派ゴシック・ミステリの到達点!

目次

  • 序章 
  • 第1章 ミッドナイト
  • 第2章 ブラックローズ
  • 第3章 スキャンダル
  • 第4章 アクシデント
  • 第5章 バードウォッチャー
  • 第6章 ミッシング
  • 第7章 イリュージョン
  • 第8章 シークレット
  • 第9章 プレイハウス
  • 第10章 ストレンジャー
  • 終章

製品情報

製品名 薔薇のなかの蛇
著者名 著:恩田 陸
発売日 2021年05月26日
価格 定価:1,870円(本体1,700円)
ISBN 978-4-06-523050-3
判型 四六
ページ数 322ページ
初出 『メフィスト』2007年5月号・9月号、2008年1月号・5月号・9月号、2009年1月号・2009年 VOL.1・VOL.2VOL.3、2010年VOL.1、2011年VOL.1・VOL.3、2012年VOL.1・VOL.2・VOL.3、2016年VOL.2・VOL.3、2017年VOL.3、2018年VOL.1・VOL.3、2020年VOL.2。単行本化にあたり、加筆・修正いたしました。

著者紹介

著:恩田 陸(オンダ リク)

1992(平成4)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞を、2006年『ユージニア』で日本推理作家協会賞を、2007年『中庭の出来事』で山本周五郎賞をそれぞれ受賞した。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木賞と第14回本屋大賞を受賞。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る