寿命遺伝子 なぜ老いるのか 何が長寿を導くのか

ブルーバックス
ジュミョウイデンシナゼオイルノカナニガチョウジュヲミチビクノカ
著:森 望
  • 電子あり
寿命遺伝子 なぜ老いるのか 何が長寿を導くのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1988年、米国・カリフォルニア大学のとある研究室で、体長1ミリの「線虫」の寿命が、たった一つの遺伝子の変異によって大幅に延びた。世界初の寿命遺伝子「エイジ1」発見の瞬間だった。人類の究極の夢「不老長寿」は、遺伝子によってかなえられるのか? 世界の研究機関で「遺伝子ハンター」たちによる熾烈な遺伝子獲得競争が始まった。次々に見つかる寿命遺伝子たちによって明かされる「長寿のメカニズム」と、そこから見えてくる「老化」と「寿命」の驚くべき本質に迫る! 
●「インスリン」を受容する遺伝子が欠損すると、線虫もヒトも長寿になる
●脳の「インスリン受容」を抑えたマウスは「認知症」になりにくく長寿化
●「老化脳」を守護する遺伝子が多く発現すると長寿になる
●ヒトではおよそ70歳のときに遺伝子の発現に逆転現象がみられる
●エネルギーの産生を「ゆっくり」にしたマウスは長寿化した
●たった一つの遺伝子の変異で急速な老化を引き起こす「プロジェリア」
●「赤ワインを飲むと長寿になる」説はどうなったのか
●イースター島の土からとれた薬剤は「夢の長寿薬」となるか
●百寿者の遺伝子はどうなっているのか
●酵母からヒトまでに共通する、寿命をコントロールする基盤がみえてきた

目次

  • 第1章 老化 age-1 ライフヒストリー
  • 第2章 寿命 daf-2 延びゆく命
  • 第3章 遺伝 daf-16 つながるカスケード
  • 第4章 疾患 win  急速に進む老い
  • 第5章 悩脳 igf1r 長寿化を主導する組織
  • 第6章 神経 rest 老化ニューロンの守護神
  • 第7章 時間 clk-1  身体にひそむ暦
  • 第8章 情報 shc ストレスと環境適応
  • 第9章 受容 methuselah 長老の教え
  • 第10章 修飾 sir-2  化粧する遺伝子
  • 第11章 代謝 tor 代謝の目付け役
  • 第12章 進化 見えてきた共通基盤
  • 第13章 百寿  ライフスタシス  

製品情報

製品名 寿命遺伝子 なぜ老いるのか 何が長寿を導くのか
著者名 著:森 望
発売日 2021年03月18日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-522912-5
通巻番号 2166
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:森 望(モリ ノゾム)

もり・のぞむ
福岡国際医療福祉大学教授。長崎大学名誉教授。一九五三年長崎県生まれ。東京大学薬学部卒。薬学博士。南カリフォルニア大学老年学研究所助教授、国立長寿医療研究センター部長、長崎大学医学部(第一解剖)教授、長崎大学附属図書館長、日本基礎老化学会理事、日本老年学会理事などを歴任。専門は脳科学、神経老年学。著書に『新老年学』(東京大学出版会)、『現代人の心の支援シリーズ・成人・老年期』(慶應義塾大学出版会)があり(いずれも分担執筆)、編著書に「Aging Mechanisms: Longevity, Metabolism, and Brain Aging」(Springer)、翻訳書に『オランダ絵画にみる解剖学』(東京大学出版会)がある。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る