マリー・アントワネットの生涯

マリー・アントワネットノショウガイ
  • 電子のみ
マリー・アントワネットの生涯
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

マリー・アントワネットの生涯を少女時代のハプスブルク家の様子から詳しく描いた労作。一般に理解されているアントワネット像をさらに掘り下げて、「愚かだった」という評価は一概には正しくないという持論を展開している。読み応えのあるマリー・アントワネット伝。

©Hitomi Fujimoto

製品情報

製品名 マリー・アントワネットの生涯
著者名 原作:藤本 ひとみ

著者紹介

原作:藤本 ひとみ(フジモト ヒトミ)

長野県生まれ。西洋史への深い造詣と綿密な取材に基づく歴史小説で脚光をあびる。フランス政府観光局親善大使。著作に、『新・三銃士』『皇妃エリザベート』『シャネル』『アンジェリク緋色の旗』『ハプスブルクの宝剣』『王妃マリー・アントワネット 華やかな悲劇のすべて』『幕末銃姫伝』『i維新銃姫伝』など多数。児童文庫の青い鳥文庫で「探偵チームKZ(カッズ)事件ノート」シリーズ、「妖精チームG(ジェニ)」シリーズ、『マリー・アントワネット物語』『三銃士』も手がけている。

オンライン書店で見る