はりねずみのルーチカ にじいろのたまご

ハリネズミノルーチカニジイロノタマゴ
  • 電子あり
はりねずみのルーチカ にじいろのたまご
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「はりねずみのルーチカ」シリーズ11冊目は、トゥーリがいなくなってからのフェリエの四季の物語です。

ルーチカがあじさいのしげみのちかくで、ふしぎなたまごをひろったことからはじまる春のおはなし「にじいろのたまご」。
いつもはんたいのことを言って、いなくなってしまうアマノジャクと、なかよくなる方法をかんがえる夏のおはなし「ともだちとなかよくする方法」。
ソルがかわいらしいかぼちゃパンツのくまちゃんのぬいぐるみをひろうことからはじまる秋のおはなし「ハロウィンのくま」。
今年こそねがいをかなえてもらうために、サンタさんをこっそりまちぶせする冬のおはなし「聖夜の小さなものがたり」。

フェリエの国では、毎日がドキドキとワクワクでいっぱいです。

製品情報

製品名 はりねずみのルーチカ にじいろのたまご
著者名 作:かんの ゆうこ 絵:北見 葉胡
発売日 2021年04月07日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-522973-6
判型 A5
ページ数 146ページ
シリーズ わくわくライブラリー

著者紹介

作:かんの ゆうこ(カンノ ユウコ)

東京都生まれ。東京女学館短期大学文科卒業。
児童書に、 「ソラタとヒナタ」シリーズ(絵・くまあやこ)、『白うさぎと天の音 雅楽のおはなし』(絵・東儀秀樹)(いずれも講談社)、 『とびらの向こうに』(絵・みやこしあきこ/岩崎書店)など。 絵本に、『ふゆねこ』(絵・こみねゆら)、『はこちゃん』(絵・江頭路子)、プラネタリウム番組にもなった『星うさぎと月のふね』(絵・田中鮎子)(以上、講談社)などがある。

絵:北見 葉胡(キタミ ヨウコ)

神奈川県生まれ。武蔵野美術短期大学卒業。
絵本に『マーシカちゃん』(アリス館)、『マッチ箱のカーニャ』(白泉社)、『小学生になる日』(新日本出版社)など。書籍装画に、「安房直子コレクション」全7巻(偕成社)などがある。2005年、2015年に、ボローニャ国際絵本原画展入選、2009年『ルウとリンデン 旅とおるすばん』(作・小手鞠るい/講談社)が、ボローニャ国際児童図書賞受賞。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る