青い砂漠のエチカ

星海社FICTIONS
アオイサバクノエチカ
著:高島 雄哉 イラスト:珈琲
  • 電子あり
青い砂漠のエチカ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人々は自らの死を確率的なものとして受け入れながら、むしろ生にのみ目を向けている。
ぼく以外は。

致死性の感染症の流行により、〈拡張現実=XR〉が〈現実=R〉に浸透した2045年。
山口県宇部岬高校の入学式は、ハッキングーー〈拡張テロ〉に襲われる。
時田砂漠は〈天才認定〉のクラスメイト・鳴神叡智花と出逢い、学園生活の陰で暗躍する犯人〈善なる悪〉の正体を追うが、叡智花は砂漠には絶対打ち明けられない秘密を抱えていたーーーー。

アフター感染症の〈拡張現実〉×ちょっと過激な〈日常の謎〉!
ハードSFの旗手が放つ、とびきりの青春ラブストーリー。

製品情報

製品名 青い砂漠のエチカ
著者名 著:高島 雄哉 イラスト:珈琲
発売日 2021年03月17日
価格 定価:1,595円(本体1,450円)
ISBN 978-4-06-522807-4
判型 B6
ページ数 352ページ
シリーズ 星海社FICTIONS

著者紹介

著:高島 雄哉(タカシマ ユウヤ)

2014年、第5回創元SF短編賞を受賞。受賞作を長篇化した『ランドスケープと夏の定理』(東京創元社)は新時代のハードSFとして激賞された。著作に『エンタングル:ガール』(東京創元社)、『不可視都市』(星海社FICTIONS)など。SF考証家としても活躍し、『ゼーガペインADP』『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』などに参加。

イラスト:珈琲(コーヒー)

漫画家。2014年に「good!アフタヌーン」にてデビュー。『ワンダンス』連載中。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る