オロチの郷、奥出雲 古事記異聞

講談社文庫
オロチノサトオクイズモコジキイブン
  • 電子あり
オロチの郷、奥出雲 古事記異聞
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

出雲でのフィールド・ワークを終えた橘樹雅は、
「出雲の本質は奥出雲にある」という
指導教官・御子神伶二のひと言で、奥出雲へ向かうことに。
調査を進めるうちに「縁結び」の神々の地だと思っていた出雲の印象が変わっていく。
八岐大蛇(やまたのおろち)の正体に気づいた雅は、正史に書かれない敗者の残酷な運命に戦慄する。

製品情報

製品名 オロチの郷、奥出雲 古事記異聞
著者名 著:高田 崇史
発売日 2021年05月14日
価格 定価:715円(本体650円)
ISBN 978-4-06-522833-3
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、2018年10月に講談社ノベルスとして刊行されたものです。

著者紹介

著:高田 崇史(タカダ タカフミ)

東京都生まれ。明治薬科大学卒業。『QED 百人一首の呪』で第9回メフィスト賞を受賞し、デビュー。歴史ミステリを精力的に書きつづけている。講談社ノベルス最長の人気シリーズQEDシリーズをはじめ、著作多数。近著に『源平の怨霊 小余綾俊輔の最終講義』『QED 憂曇華の時』『古事記異聞 鬼統べる国、大和出雲』など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る