文芸ピープル 「好き」を仕事にする人々

文芸(単行本)
ブンゲイピープルスキヲシゴトニスルヒトビト
  • 電子あり
文芸ピープル 「好き」を仕事にする人々
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

著名な賞の受賞、ベストセラー……、日本の現代文学が、いま英語圏で注目されているのはなぜか?
アメリカ、イギリスの翻訳家、編集者、フェス運営者、装幀のデザイナー、書店など、
本作り&文芸に関わる人々=文芸ピープルを取材し、その声と仕事を伝えるルポ・エッセイ!

日本文学が、ここ数年、次々に英訳され、読者を獲得し、そこからまた世界に広く紹介されている。村田沙耶香『コンビニ人間』などベストセラーも生まれ、昨年は柳美里『JR上野駅公園口』が全米図書賞を受賞するなど、読者が広がり、高い評価を受けている。注目されるのは、若い翻訳家や編集者による紹介、独立系の出版社からの刊行、という新しい動きだ。

いま何が起きているのか?
作品はどのように発見され、翻訳出版されているのか?
なぜ女性作家が注目されているのか?
「日本」はいまどのように受け取られているのか?

〈目次〉
1章 英語圏の新世代の翻訳家たちに聞く
2章 新しい「日本文学」を編む編集者たち1ー-『コンビニ人間』が英語圏の読者に届くまで
3章 新しい「日本文学」を編む編集者たち2ー-日本語の原体験と編集の仕事
終章 変化の年

製品情報

製品名 文芸ピープル 「好き」を仕事にする人々
著者名 著:辛島 デイヴィッド
発売日 2021年03月31日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-522828-9
判型 小B6
ページ数 226ページ
初出 「群像」|1章 英語圏の新世代の翻訳家たちに聞く…2020年6月号「文芸ピープル+ 英語圏で読まれる現代日本文学」、ブリテン諸島出版見聞日記1…2020年2月号「文芸ピープル/ブリテン諸島出版見聞録 前篇」、2・3章 新しい「日本文学」を編む編集者たち1・2…2020年12月号「新しい「日本文学」を編む編集者たち 文芸ピープル++」、ブリテン諸島出版見聞日記2…2020年3月号「文芸ピープル/ブリテン諸島出版見聞録 中篇」 2020年4月号「文芸ピープル/ブリテン諸島出版見聞録 後篇」。以上を、書籍化にあたり、再構成、加筆修正しました。 終章 変化の年…書き下ろし。

著者紹介

著:辛島 デイヴィッド(カラシマ デイヴィッド)

1979年東京都生まれ。作家・翻訳家。現在、早稲田大学国際教養学部准教授。日本文学の英訳や国際的な出版・文芸交流プロジェクトに幅広く携わる。訳書にSnakes and Earrings (金原ひとみ『蛇にピアス』)、Triangle (松浦寿輝 『巴』)、Kutze, Stepp’n on Wheat (いしいしんじ『麦ふみクーツェ』)、著書に『Haruki Murakamiを読んでいるときに我々が読んでいる者たち』(みすず書房)などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る