損料屋見鬼控え 1

講談社文庫
ソンリョウヤケンキヒカエ1
  • 電子あり
損料屋見鬼控え 1
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

文政元年(1818年)、損料屋(江戸時代のレンタルショップ)巴屋の惣領息子・又十郎は17歳になってからも親から丁稚扱いをされていた。損料屋といえばいちばんの得意先は長屋。長屋から長屋への引っ越しなどではわざわざ家財道具は購入せずレンタルで済ますことが、上方ほどではないにせよ江戸でもそれなりにあった。最初の事件は巴屋の店の入っている長屋だった。大家にヘンな物音がする部屋があるので見てほしいと頼まれてついていくと、部屋の隅に見事な幽霊の姿。もともと霊感らしきものが強いとは自覚していたが、あまりに鮮明なそのお姿に又十郎は腰を抜かしてしまう。これが「事故物件」のなせる業なのか!

製品情報

製品名 損料屋見鬼控え 1
著者名 著:三國 青葉
発売日 2021年03月12日
価格 定価:660円(本体600円)
ISBN 978-4-06-522795-4
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:三國 青葉(ミクニ アオバ)

兵庫県生まれ。お茶の水女子大学大学院理学研究科修士課程修了。2012年「朝の容花」で第24回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、『かおばな憑依帖』と改題してデビュー(文庫で『かおばな剣士妖夏伝 人の恋路を邪魔する怨霊』に改題)。その他の著書に『忍びのかすていら』『学園ゴーストバスターズ』『学園ゴーストバスターズ 夏のおもいで』『黒猫の夜におやすみ 神戸元町レンタルキャット事件帖』 『心花堂手習ごよみ』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る