アンダルシア 外交官シリーズ

講談社文庫
アンダルシアガイコウカンシリーズ
  • 電子あり
アンダルシア 外交官シリーズ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「謎の女」「殺された男」「消せない過去」 謀略の果てに待ち受ける絶望と涙。
不屈の外交官・黒田康作が欧州を疾駆する国際サスペンス小説。
欧州の小国・アンドラで殺人事件が発生した。SOSを受けた黒田康作はバルセロナから現地へ急ぐ。
日本人女性を助けて、スペインへ戻るが、その身元には不審な点が……。
彼女を追ってアンダルシ アへ向かう黒田に危機が迫る。
フランスとスペインの国家警察を巻きこむ陰謀とは何か。大好評「外交官シリーズ」第3弾!

製品情報

製品名 アンダルシア 外交官シリーズ
著者名 著:真保 裕一
発売日 2021年03月12日
価格 定価:902円(本体820円)
ISBN 978-4-06-522764-0
判型 A6
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2012年2月に講談社ノベルスより刊行されたものです。

著者紹介

著:真保 裕一(シンポ ユウイチ)

真保裕一(しんぽ・ゆういち)1961年東京都生まれ。91年に『連鎖』で江戸川乱歩賞を受賞。96年に『ホワイトアウト』で吉川英治文学新人賞、97年に『奪取』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞長編部門、2006年『灰色の北壁』で新田次郎賞を受賞。「行こう!シリーズ」
は『デパートへ行こう!』『ローカル線で行こう!』『遊園地に行こう!』『オリンピックへ行こう!』がある。本書は『アマルフィ』『天使の報酬』に続く外交官シリーズ第3弾。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る