本のエンドロール

講談社文庫
ホンノエンドロール
  • 電子あり
本のエンドロール
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本の奥付に載っている会社名の後ろには、悩みながらも自分の仕事に誇りを持ち、本を造る「人」たちがいる。豊澄印刷の営業・浦本も、日々トラブルに見舞われながら「印刷会社はメーカーだ」という矜持を持ち、本造りに携わる一人。本を愛する人たちの熱い支持を集めた物語が、特別掌編『本は必需品』を加え、待望の文庫化!

製品情報

製品名 本のエンドロール
著者名 著:安藤 祐介
発売日 2021年04月15日
価格 定価:1,012円(本体920円)
ISBN 978-4-06-523068-8
判型 A6
ページ数 528ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は2018年3月に小社より単行本として刊行され、文庫化に際し、特別掌編『本は必需品』を新たに収録しました。

著者紹介

著:安藤 祐介(アンドウ ユウスケ)

1977年生まれ、福岡県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。2007年、『被取締役新入社員』でTBS・講談社第一回ドラマ原作大賞を受賞しデビュー。その他の著書に『六畳間のピアノマン』『夢は捨てたと言わないで』『不惑のスクラム』『テノヒラ幕府株式会社』『一〇〇〇ヘクトパスカル』『宝くじが当たったら』『大翔製菓広報宣伝部 おい! 山田』『営業零課接待班』などがある。

お知らせ・ニュース

お知らせ
第2回未来屋小説大賞 第3位!

書店在庫を見る

オンライン書店で見る