三体問題 天才たちを悩ませた400年の未解決問題

ブルーバックス
サンタイモンダイテンサイタチヲナヤマセタ400ネンノミカイケツモンダイ
  • 電子あり
三体問題 天才たちを悩ませた400年の未解決問題
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

宇宙に浮かぶ3つの天体――「3体」 ニュートンの万有引力の法則によって「2体」の運動が明らかにされた17世紀初頭。科学者達は「3体」の運動を解明しようとさまざま試みでアプローチした。
オイラー、ラグランジュ、ポアンカレ……科学史にその名を残す天才数学者・天文学者たちをもってしても、この「3体の運動」の「一般解」を見つけることはできなかった!?
なぜ解けないのか? 「解ける」とはなにか? 

「三体問題」をめぐる400年にわたる解明へのアプローチを通して、人類が辿り着いたものとは?
「オイラーの直線解」、「ラグランジュの正三角形解」など、不思議な軌道を取る「特殊解」の存在。
万有引力の法則からアインシュタインの一般相対性理論、アインシュタイン方程式、そして重力波へ。
さらに一般解への研究は「カオス理論」へと発展し、コンピュータによる数値解析手法も進化させた。
天文学では、星の位置を知るための「位置天文学」や軌道計算などさまざまな分野へとつながり、実際、20世紀の初頭には、ラグランジュの見つけた特殊解を太陽系にあてはめたときに、その解の位置から「トロヤ群」という小惑星群も発見されている!

「三体問題」をめぐる400年の歴史の背景にある奥深い科学世界を、数学史・科学史ととも語り尽くす、2021年、最高にスリリングな科学書!

目次

「三体問題」目次

 まえがき
1章 解ける方程式
2章 解けない方程式
3章 ケプラーの法則とニュートンの万有引力
4章 三つの天体に対する解を探して
5章 一般解とはなにか
6章 つわものどもが夢のあと
7章 三つの天体に対する新しい解が見つかる
8章 一般相対性理論の登場
9章 一般相対性理論の効果をいれた三つの天体のユニークな軌道
10章 天体の軌道を精密に測る
   あとがき

製品情報

製品名 三体問題 天才たちを悩ませた400年の未解決問題
著者名 著:浅田 秀樹
発売日 2021年03月18日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-522844-9
通巻番号 2167
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:浅田 秀樹(アサダ ヒデキ)

1968年、京都府生まれ 。弘前大学大学院理工学研究科教授。博士(理学)。京都大学理学部卒業、大阪大学大学院理学研究科博士後期課程修了。京都大学基礎物理学研究所ポスドク研究員,弘前大学理工学部助手,准教授を経て現職。2003年、パリ天体物理学研究所にて主に重力波に関する在外研究(1年間)。
専門分野は、一般相対性理論、重力理論、理論宇宙物理学。
著書に「Equations of Motion in General Relativity」(オックスフォード大学出版局、共著)などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る