愛バナ アラーキー20年ノ言葉 2001-2020

アイバナアラーキーニジュウネンノコトバ2001-2020
  • 電子あり
愛バナ アラーキー20年ノ言葉 2001-2020
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

  • ・この本について
  • ・荒木経惟氏あいさつ
  • 151の“アラーキーの名言”
  • 約120点におよぶ幅広いジャンルの写真作品
  • テーマ別ロングインタビュー
  • 海外写真展レポート
  • 連載担当ライターによるエッセイ

製品情報

製品名 愛バナ アラーキー20年ノ言葉 2001-2020
著者名 著:荒木 経惟
発売日 2021年05月27日
価格 定価:3,300円(本体3,000円)
ISBN 978-4-06-522676-6
判型 四六変型
ページ数 192ページ
初出 連載「愛ノ説明」(2012年から「愛ノ説明2」に改名)『VOCE』2001年11月号~2020年12月号

著者紹介

著:荒木 経惟(アラキ ノブヨシ)

荒木経惟(あらき・のぶよし)1940年東京都生まれ。千葉大学工学部写真印刷工学科を卒業後、電通にカメラマンとして入社。1964年《さっちん》で「第1回太陽賞」を受賞。1971年に妻・陽子との新婚旅行を収めた『センチメンタルな旅』を自費出版。翌年よりフリーとなる。被写体との個人的な関係性を写した「私写真」、強烈なエロス(生、性)とタナトスが(死)が漂う写真世界を確立。1990年代以降、世界各地で多数の展覧会を開催、日本を代表する写真家として国内外で高い評価を得ている。数々の雑誌で写真連載を持ち、女性誌「VOCE」では約20年にわたりインタビュー連載「愛ノ説明」を続けた。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る