サイコーの通知表

サイコーノツウチヒョウ
  • 電子あり
サイコーの通知表
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1年生のときからずーっと通知表に「できる」とだけ書かれてフツーなことにコンプレックスを感じている朝陽(あさひ)も、「よくできる」がいっぱいの優等生の叶希(とき)も、体育以外は「もうすこし」ばっかりの大河(たいが)も、みーんな心の中では思っている。
「通知表なんて、ただの紙切れじゃん。あんなので、ぼくらの何がわかるの?」
「通知表があるから、よけいにやる気がなくなるんだ」
「あたしだって、通知表なんて、いらない!」
たしかに、そうだ。思えば通知表って何であるんだろ? あれを見たって、どこをどう直せば成績が上がるのかなんてわからないじゃないか!
そういえば朝陽のお父さんが言っていた。会社では、部下が上司の成績をつけることがあるんだって。
「ねえ、先生の通知表をつけようよ」
朝陽の一言から、クラス一丸となって担任のハシケン先生の通知表作りが始まった。でも、人に成績をつけるって、こんなに難しいことだったのか!?

目次

  • 1 ぼくの通知表
  • 2 「ふつう」の証明書
  • 3 通知表をつけよう!
  • 4 体育の時間
  • 5 相対評価と絶対評価
  • 6 十才のゆめ発表会
  • 7 ハシケン先生の反乱
  • 8 通知表のない学校
  • 9 大久保先生にインタビュー
  • 10 先生の観察
  • 11 ぼくの夢
  • 12 通知表、発表します!

製品情報

製品名 サイコーの通知表
著者名 著:工藤 純子
発売日 2021年03月04日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-522675-9
判型 四六
ページ数 178ページ
シリーズ 文学の扉

著者紹介

著:工藤 純子(クドウ ジュンコ)

東京都生まれ。2017年、『セカイの空がみえるまち』(講談社)で第3回児童ペン賞少年小説賞を受賞。おもな作品に、『となりの火星人』『あした、また学校で』(ともに講談社)、『てのひらに未来』(くもん出版)、「恋する和パティシエール」「プティ・パティシエール」シリーズ(ともにポプラ社)、「リトル・バレリーナ」シリーズ(学研プラス)、「ミラクル・キッチン」シリーズ(そうえん社)などがある。日本児童文学者協会会員。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る