新しい世界 世界の賢人16人が語る未来

講談社現代新書
アタラシイセカイセカイノケンジン16ニンガカタルミライ
  • 電子あり
新しい世界 世界の賢人16人が語る未来
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

海外メディアだから語った!
最高の知性たちが伝える、予測不可能な大転換の時代を生きるヒント

パンデミックの惨禍、拡大する不平等、トランプ現象……。
ハラリ、トッド、ピケティ、サンデル、タレブ、ナオミ・クラインらの目に映る現代世界とは?
「クーリエ・ジャポン」編集部が世界中のメディアから厳選した、回復への道を考えるための16本の必読インタビュー集!

第一章 コロナと文明
ユヴァル・ノア・ハラリ「私たちが直面する危機」
エマニュエル・トッド「パンデミックがさらす社会のリスク」
ジャレド・ダイアモンド「危機を乗り越えられる国、乗り越えられない国」
フランシス・フクヤマ「ポピュリズムと『歴史の終わり』」

第二章 不透明な世界経済の羅針盤
ジョゼフ・スティグリッツ「コロナ後の世界経済」
ナシーム・ニコラス・タレブ「『反脆弱性』が成長を助ける」
エフゲニー・モロゾフ「ITソリューションの正体」
ナオミ・クライン「スクリーン・ニューディールは問題を解決しない」

第三章 不平等を考える
ダニエル・コーエン「豊かさと幸福の条件」
トマ・ピケティ「ビリオネアをなくす仕組み」
エステル・デュフロ「すべての問題の解決を市場に任せることはできない」

第四章 アフター・コロナの哲学
マルクス・ガブリエル「世界を破壊する『資本主義の感染の連鎖』」
マイケル・サンデル「能力主義の闇」
スラヴォイ・ジジェク「コロナ後の偽りの日常」

第五章 私たちはいかに生きるか
ボリス・シリュルニク「レジリエンスを生む新しい価値観」
アラン・ド・ボトン「絞首台の希望」

製品情報

製品名 新しい世界 世界の賢人16人が語る未来
著者名 編:クーリエ・ジャポン
発売日 2021年01月20日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-522546-2
通巻番号 2601
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る