偶然の聖地

講談社文庫
グウゼンノセイチ
  • 電子あり
偶然の聖地
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

製品情報

製品名 偶然の聖地
著者名 著:宮内 悠介
発売日 2021年09月15日
価格 定価:836円(本体760円)
ISBN 978-4-06-522340-6
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、2019年4月に、小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:宮内 悠介(ミヤウチ ユウスケ)

宮内 悠介(みやうち ゆうすけ)
1979(昭和54)年東京生れ。1992(平成4)年までニューヨーク在住、早稲田大学第一文学部卒。在学中はワセダミステリクラブに所属。2012年の単行本デビュー作『盤上の夜』は直木賞候補となり、日本SF大賞を受賞。2013年、『ヨハネスブルグの天使たち』も直木賞候補となり、日本SF大賞特別賞を受賞した。同年に「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」を受賞。2016年、『アメリカ最後の実験』が山本周五郎賞候補になる。2017年、『彼女がエスパーだったころ』で吉川英治文学新人賞、前年芥川賞候補となった『カブールの園』で三島由紀夫賞を受賞。2018年、『あとは野となれ大和撫子』で第49回星雲賞(日本長編部門)受賞。2020年『遠い他国でひょんと死ぬるや』で芸術選奨新人賞受賞。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る