世をへだてて

講談社文芸文庫
ヨヲヘダテテ
  • 電子あり
世をへだてて
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

六十四歳の晩秋のある日、いつものように散歩に出かけようとして妻に止められ、そのまま緊急入院。
突然襲った脳内出血で、作家は生死をさまよう。
父の一大事に力を合わせる家族、励ましを得た文学作品、医師や同室の人々を見つめる、ゆるがぬ視線。
病を経て知る生きるよろこびを明るくユーモラスに描く、著者の転換期を示す闘病記。
生誕100年記念刊行。


目次

夏の重荷

北風と靴
大部屋の人たち
Dデイ
作業療法室
同室の人

単行本あとがき
著者に代わって読者へ
解説 島田潤一郎
年譜

目次

夏の重荷

北風と靴
大部屋の人たち
Dデイ
作業療法室
同室の人

単行本あとがき
著者に代わって読者へ
解説 島田潤一郎
年譜

製品情報

製品名 世をへだてて
著者名 著:庄野 潤三
発売日 2021年02月12日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-522320-8
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は『世をへだてて』(文藝春秋・1987年11月刊)を底本としました。

著者紹介

著:庄野 潤三(ショウノ ジュンゾウ)

庄野潤三(1921.2.9~2009.9.21) 小説家。大阪生まれ。大阪外国語大学在学中、チャールズ・ラムを愛読。九州帝国大学卒。1946年、島尾敏雄、三島由紀夫らと同人誌を発行。教員、会社員を経て小説家に。55年、「プールサイド小景」で芥川賞受賞。57年から一年間、米国オハイオ州ガンビアのケニオン大学で客員として過す。60年、『静物』で新潮社文学賞、66年、『夕べの雲』で読売文学賞、71年、『絵合せ』で野間文芸賞を受賞。芸術院会員。80年、ロンドン訪問。80歳以降も毎年刊行された一家の年代記的作品は、世代を超えた多数の愛読者をもつ。『庄野潤三全集』(全10巻)ほか著書多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る