連鎖感染 chain infection

文芸(単行本)
レンサカンセンチェインインフェクション
  • 電子あり
連鎖感染 chain infection
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2019年、9月。千葉県にある神宮総合病院では重症患者が次々と運び込まれた。共通するのは、脱水症状を伴う激しい腹痛。抗生物質を投与し、落ち着きを取り戻したかと思った後に突然高熱を発し、命を落とすという悲惨な結末もまた同じだった……。これは人為的な病気=バイオテロなのか。未知のウィルスに対し、援軍も知見もないまま孤立した病院内で医師達の決死の治療が始まる。

製品情報

製品名 連鎖感染 chain infection
著者名 著:北里 紗月
発売日 2020年12月23日
価格 定価:1,925円(本体1,750円)
ISBN 978-4-06-522000-9
判型 四六
ページ数 282ページ

著者紹介

著:北里 紗月(キタザト サツキ)

1977年埼玉県に生まれ、千葉県で育つ。東邦大学大学院理学研究科生物学専攻修了。理学修士。日本卵子学会認定胚培養士。体外受精コーディネーター。『さようなら、お母さん』が島田荘司選 第9回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作となり、2017年にデビュー。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る