新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体

ブルーバックス
シンガタコロナナナツノナゾサイシンメンエキガクカラワカッタビョウゲンタイノショウタイ
  • 電子あり
新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

プロローグ 

第1章 風邪ウイルスがなぜパンデミックを引き起こしたのか 
・パンデミックとは─エンデミック、エピデミックとの違い 
・パンデミックの歴史 
・ 何がパンデミックをもたらすのか 
・パンデミックはまた来るのか 

第2章 ウイルスはどのようにして感染・増殖していくのか 
・ウイルスと細菌の違い─ウイルスは宿主細胞がないと生きられない 
・ウイルスが宿主細胞に取り付き、増殖する仕組み 
・ウイルスに対する宿主細胞の反応─インターフェロン産生と細胞死 
・ 抗ウイルス剤が働く仕組み 
・ ウイルスに対する検査の違い

第3章 免疫 vs. ウイルス なぜかくも症状に個人差があるのか
・ 新型コロナウイルスは単なる風邪ウイルスか
・ 二段構えの防御機構─自然免疫と獲得免疫 
・ 自然免疫と獲得免疫とでは相手を認識する仕方が異なる
・ 自然免疫と獲得免疫をつなぐ種々のサイトカイン 
・ ウイルス感染における症状の違い 
・ 免疫反応の強さには個人差がある 
・ ウイルスを殺すのは必ずしも抗体とは限らない 

第4章 なぜ獲得免疫のない日本人が感染を免れたのか
・ ウイルス防御に自然免疫はどのくらい重要か
・ 訓練免疫とは 
・ BCG接種は重症化・致死率の抑制に効果があるのか
・ 交差免疫の可能性
・ 民族差、血液型、生活習慣の差はどのくらい重要か

第5章 集団免疫でパンデミックを収束させることはできるのか
・ 集団免疫とは
・ 基本再生産数と実効再生産数
・ 新型コロナウイルスの集団免疫6割説は間違いか
・人口の何割が免疫を獲得したら集団免疫ができるのか
・ 感染第二波で見られる致死率低下は集団免疫形成のためか

第6章 免疫の暴走はなぜ起きるのか
・1型インターフェロンと炎症性サイトカイン
・ 新型コロナウイルスは1型インターフェロン産生を抑制する
・ インターフェロン産生の不全と免疫細胞の暴走 
・ 慢性炎症性疾患は新型コロナウイルス感染症を悪化させる 
・ 重症化に対する治療 

第7章 有効なワクチンを短期間に開発できるのか
・ 善玉抗体、悪玉抗体、役なし抗体とは
・ 新ワクチン投与後に見られる抗体非依存性過敏反応とは
・ ワクチンの種類と製造にかかる時間とコスト
・ ワクチンの副作用(副反応) 
・ 反応効果が長続きするワクチンとそうでないワクチン
・ 新型コロナウイルスに対して良いワクチンはできるのか
・ 認可に関わる問題 
・ ゲームチェンジャーの可能性、人工抗体とは

エピローグ

索引 

製品情報

製品名 新型コロナ 7つの謎 最新免疫学からわかった病原体の正体
著者名 著:宮坂 昌之
発売日 2020年11月19日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-521863-1
通巻番号 2156
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:宮坂 昌之(ミヤサカ マサユキ)

大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授。一九四七年長野県生まれ。京都大学医学部卒業、オーストラリア国立大学大学院博士課程修了。金沢医科大学血液免疫内科、スイス・バーゼル免疫学研究所、東京都臨床医学総合研究所を経て、大阪大学医学部教授、同・医学研究科教授を歴任。医学博士・PhD。著書に『分子生物学・免疫学キーワード辞典』(医学書院、共著)、『標準免疫学』(医学書院、共著)、ブルーバックス『免疫と「病」の科学 万病のもと「慢性炎症」とは何か』など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る