二人がいた食卓

文芸(単行本)
フタリガイタショクタク
  • 電子あり
二人がいた食卓
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

良かれと思ったことが、押しつけがましさに。理想を追い求めるあまり、頑なになる。相手への気遣いが、裏目に出る。一番わかってほしい相手に限って自分の努力が伝わらない……。そんな夫婦関係の迷宮に迷いこんだ泉と旺介、きっかけはまさか、食の好みの違い……!
ドリア、生姜焼き、ハンバーグ、キッシュ……出てくる料理は、「食の検定」1級を持つ著者だからこそ表現できる、読むだけで美味しそうなものばかり。だからこそ、夫婦のすれ違いのきっかけとして、鋭く鮮やかな物悲しさを湛えています。
おいしさは恋で栄養は愛? 家族として、好きを越えた関係を築いていく覚悟を持てるのか。泉と旺介、二人の選択とは。

製品情報

製品名 二人がいた食卓
著者名 著:遠藤 彩見
発売日 2020年12月09日
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-06-521874-7
判型 四六変型
ページ数 290ページ

著者紹介

著:遠藤 彩見(エンドウ サエミ)

東京生まれ。1996年、脚本家デビュー。1999年、テレビドラマ「入道雲は白 夏の空は青」で第16回ATP賞ドラマ部門最優秀賞を受賞。2013年、『給食のおにいさん』で小説家としてデビュー。同作はシリーズ化されている。他著に、『キッチン・ブルー』『イメコン』『バー極楽』など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る