海獣・呼ぶ植物・夢の死体  初期幻視小説集

講談社文芸文庫
カイジュウヨブショクブツユメノシタイショキゲンシショウセツシュウ
  • 電子あり
海獣・呼ぶ植物・夢の死体  初期幻視小説集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

痛みと不遇が憧憬を輝かせた。

二十五歳でデビュー後、十年間本は出ず、八〇年代の片隅風呂なし四畳半送金あり、痛みと希死念慮をかかえた独居の歳月。
不屈の思考と憧憬で紡いだ、幻の初期作品群。
現在から過去を振り返る書下ろし「記憶カメラ」併録。


〈収録作品〉
海獣
柘榴の底
呼ぶ植物
夢の死体
背中の穴
記憶カメラ(書下ろし)

目次

  • 海獣
  • 柘榴の底
  • 呼ぶ植物
  • 夢の死体
  • 背中の穴
  • 記憶カメラ

製品情報

製品名 海獣・呼ぶ植物・夢の死体  初期幻視小説集
著者名 著:笙野 頼子
発売日 2020年11月12日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-521790-0
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 「海獣」…「群像」1984年8月号(底本:『夢の死体 笙野頼子初期作品集2』1994年11月 河出書房新社)、「柘榴の底」…「海燕」1988年8月号(底本:『増殖商店街』1995年10月 講談社)、「呼ぶ植物」…「群像」1989年5月号(底本:『夢の死体 笙野頼子初期作品集2』)、「夢の死体」…「群像」1990年6月号(底本:『夢の死体 笙野頼子初期作品集2』)、「背中の穴」…「群像」1991年10月号(底本:『居場所もなかった』1998年11月 講談社文庫)、「記憶カメラ」…書下ろし。

著者紹介

著:笙野 頼子(ショウノ ヨリコ)

笙野頼子(1956.3.16~)小説家。三重県生まれ。立命館大学法学部卒業。1981年「極楽」で群像新人文学賞受賞。選考委員の藤枝静男に絶賛される。'91年『なにもしてない』で野間文芸新人賞、'94年『二百回忌』で三島由紀夫賞、同年『タイムスリップ・コンビナート』で芥川龍之介賞、2001年『幽界森娘異聞』で泉鏡花文学賞、'04年『水晶内制度』でセンス・オブ・ジェンダー大賞、'05年『金毘羅』で伊藤整文学賞、'14年『未闘病記―膠原病、「混合性結合組織病」の』で野間文芸賞をそれぞれ受賞。他の作品に『会いに行って 静流藤娘紀行』『水晶内制度』『ウラミズモ奴隷選挙』 『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る