夜叉神川

ヤシャジンガワ
  • 電子あり
夜叉神川
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「ここは夜叉神川の上流。
両側に高い崖が迫る谷、聞こえるのは川の音と、山で鳴く鳥の声だけだ。」ーー『川釣り』より。

「昔、亡くなったおばあちゃんが教えてくれた。魂という漢字に鬼の字が入るのは、もともと人の心に鬼が棲んでいるからだと。」ーー『鬼が守
神社』より

全ての人間の心の中にある恐ろしい夜叉と優しい神、その恐怖と祝福とを描く短編集。
「川釣り」「青い金魚鉢」「鬼が守神社」「スノードロップ」「果ての浜」        
夜叉神川の上流から下流へ、そして海へと続く全五話を収録。 
野間児童文芸賞受賞後初作品

製品情報

製品名 夜叉神川
著者名 著:安東 みきえ 装画:田中 千智
発売日 2021年01月28日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-521852-5
判型 四六
ページ数 242ページ

著者紹介

著:安東 みきえ(アンドウ ミキエ)

安東みきえ
1953年、山梨県生まれ。、『天のシーソー』で第11回椋鳩十児童文学賞、「ふゆのひだまり」で第11回小さな童話大賞(毎日新聞社主催)大賞を、「いただきます」で同選者賞今江祥智賞を『満月の娘たち』で野間児童文芸賞を受賞。
その他、「夕暮れのマグノリア」「頭のうちどころが悪かった熊の話」など著書多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る