畏修羅 よろず建物因縁帳

講談社タイガ
イソラヨロズタテモノインネンチョウ
  • 電子あり
畏修羅 よろず建物因縁帳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

恨みに変ぜし雪女の恋心が怨神を呼び覚ます。

祓い師・仙龍と想いの通じた春菜は、霊場・出雲へと向かう。
建物にまつわる怪異譚10万部突破!

☆☆☆


葬儀に訪いし白装束の女は、にたりと笑って掻き消えたそうだ。

春菜が勤めるアーキテクツに異変。
連日見つかる絡まった黒髪や不気味な人影の怪は、連続不審死事件に発展する。
色男だが高慢なエリート・手島を守るため、仙龍は奇怪な”匣”を用意する。

一方、刻々と迫る仙龍の死を止めたい春菜は隠温羅流の深淵に迫る。
手がかり潜む出雲で異形の瘴気を背負った女と出会うが――。

製品情報

製品名 畏修羅 よろず建物因縁帳
著者名 著:内藤 了
発売日 2020年11月13日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-521691-0
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:内藤 了(ナイトウ リョウ)

長野市出身。長野県立長野西高等学校卒。デザイン事務所経営。2014年に『ON』で日本ホラー小説大賞読者賞を受賞しデビュー.。同作からはじまる「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズは、猟奇的な殺人事件に挑む親しみやすい女刑事の造形がホラー小説ファン以外にも支持を集めヒット作となり、2016年にテレビドラマ化。近著に『PUZZLE 東京駅おもてうら交番・堀北恵平』(角川ホラー文庫)、『スマイル・ハンター 憑依作家 雨宮縁』(祥伝社文庫)がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る