エトワール!(8) 白鳥たちのフェスティバル

青い鳥文庫
エトワール8ハクチョウタチノフェスティバル
作:梅田 みか 絵:結布
  • 電子あり
エトワール!(8) 白鳥たちのフェスティバル
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

主人公・めいは中学生になり、仲よし3人――南、梨央、杏樹といっしょに、避暑地の高原で行われるバレエフェスティバルに向けて、合同レッスンに励む日々。中学の同じクラスで、何かと絡んでくる美人の麗華も参加している。めいが恋心を抱く月村透はヴァルナ国際コンクールへと旅立ち、それぞれがバレエと向き合う夏を描きます。<小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

製品情報

製品名 エトワール!(8) 白鳥たちのフェスティバル
著者名 作:梅田 みか 絵:結布
発売日 2020年12月16日
価格 定価:825円(本体750円)
ISBN 978-4-06-521635-4
判型 新書
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

作:梅田 みか(ウメダ ミカ)

梅田みか(うめだみか)
作家・脚本家。東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。小説、エッセイのほか、人気テレビドラマの脚本を多く手掛けている。幼少期より橘バレヱ学校にてクラシックバレエを習う。小説『海と真珠』(ハルキ文庫)はその経験が生かされた本格的バレエ小説。バレエのほか、フィギュアスケートにも造詣が深い。

絵:結布(ユウ)

結布(ゆう)
イラストレーター。雑誌や書籍の挿絵、装画、漫画などで活躍中。『メニメニハート』(講談社青い鳥文庫)、「100%ガールズ」シリーズ(講談社YA! ENTERTAINMENT)、漫画の仕事に『闇の守り人』(朝日新聞出版)などがある。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る