新装版 統計力学入門 愚問からのアプローチ

シンソウバントウケイリキガクニュウモングモンカラノアプローチ
著:高橋 康 解説:柏 太郎
新装版 統計力学入門 愚問からのアプローチ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界的物理学者・高橋康先生の名著が待望の復刊! 実際の講義を下敷きに懇切に記述。初発的疑問に答えながら統計力学の基礎を築く。

■前野昌弘氏(琉球大学理学部「いろもの物理学者」)、絶賛!■
「初学者が悩むポイントを拾い上げてくれる!」

■本書「解説――柏太郎」より■
「本書は一筋縄ではいかない統計力学を、初めて学ぼうとする読者が内容ばかりでなく、初学者の立場をもしっかりと身につけることのできる最適の教科書である。近来の中心課題である相転移・臨界現象や非平衡への言及(および参考文献)は、それらへの理解が深まりはじめた頃の執筆であったため、なされていないが、今では多くのすばらしい文献がある。ここで学んだ知識をもとにすれば、読みこなすことは確実にできる。しっかり勉強してほしい」

■主な目次■
第0章 統計力学のあらすじ
第I章 気体分子運動論
§1. 気体の圧力および温度
§2. 熱平衡における分子の速度分布
§3. Maxwell分布の実験的裏付け
§4. 種々の物理量の平均値
§5. 一般の場合のBernoulliの式
§6. virial定理
第II章 統計力学の原理I(古典論)
§1. 巨視的状態と微視的状態
§2. 熱平衡状態と等重率の仮定
§3. 等重率の仮定をもとにした理論における計算規則
§4. 理想気体(古典論)
第III章 状態数の計算および数学的技巧
§1. 微視的状態の数および状態密度
§2. 最大項の方法
§3. 数学的技巧
§4. 等重率の仮定と温度
§5. 圧力と化学ポテンシャル
§6. 小正準理論の確率論的整備
第IV章 正準集合の理論と簡単な応用
§1. 小正準集合理論のまとめと展望
§2. 正準集合の理論
§3. 正準集合理論の例
§4. 2原子分子の正準集合
§5. 数表示と量子統計
§6. 相互作用のある粒子の系
第V章 大正準集合の理論
§1. はじめに
§2. 大正準集合の導入
§3. Bose-Einstein統計にしたがう粒子の系
§4. Fermi-Diracの統計にしたがう粒子の系
第VI章 統計力学の原理II
§1. 時間平均と集団平均
§2. 古典統計力学の困難と量子力学
§3. 平衡系の統計力学の公理的整理
第VII章 統計力学の応用
§1. はじめに
§2. 固体の比熱
§3. 最大項の方法
§4. 変分原理
§5. 摂動論の方法
§6. 反応がある過程の平衡
§7. 分布関数の方法

目次

  • まえがき
  • 第0章 統計力学のあらすじ
  • 第1章 気体分子運動論
  •  §1. 気体の圧力および温度
  •  §2. 熱平衡における分子の速度分布
  •  §3. Maxwell分布の実験的裏付け
  •  §4. 種々の物理量の平均値
  •  §5. 一般の場合のBernoulliの式
  •  §6. Virial定理
  • 第2章 統計力学の原理I(古典論)
  •  §1. 巨視的状態と微視的状態
  •  §2. 熱平衡状態と等重率の仮定
  •  §3. 等重率の仮定をもとにした理論における計算規則
  •  §4. 理想気体(古典論)
  • 第3章 状態数の計算および数学的技巧
  •  §1. 微視的状態の数および状態密度
  •  §2. 最大項の方法
  •  §3. 数学的技巧
  •  §4. 等重率の仮定と温度
  •  §5. 圧力と化学ポテンシャル
  •  §6. 小正準理論の確率論的整備
  • 第4章 正準集合の理論と簡単な応用
  •  §1. 小正準集合理論のまとめと展望
  •  §2. 正準集合の理論
  •  §3. 正準集合理論の例
  •  §4. 2原子分子の正準集合
  •  §5. 数表示と量子統計
  •  §6. 相互作用のある粒子の系
  • 第5章 大正準集合の理論
  •  §1. はじめに
  •  §2. 大正準集合の導入
  •  §3. Bose-Einstein統計にしたがう粒子の系
  •  §4. Fermi-Diracの統計にしたがう粒子の系
  • 第6章 統計力学の原理II
  •  §1. 時間平均と集団平均
  •  §2. 古典統計力学の困難と量子力学
  •  §3. 平衡系の統計力学の公理的整理
  • 第7章 統計力学の応用
  •  §1. はじめに
  •  §2. 固体の比熱
  •  §3. 最大項の方法
  •  §4. 変分原理
  •  §5. 摂動論の方法
  •  §6. 反応がある過程の平衡
  •  §7. 分布関数の方法
  • 付録A 積分および級数
  • 付録B 種々の統計的数え方の例
  • 付録C 場の方程式の正準形式
  • 付録D 常数表

製品情報

製品名 新装版 統計力学入門 愚問からのアプローチ
著者名 著:高橋 康 解説:柏 太郎
発売日 2021年04月30日
価格 定価:3,520円(本体3,200円)
ISBN 978-4-06-522138-9
判型 A5
ページ数 304ページ
初出 本書は、1984年11月に小社より刊行した『統計力学入門――愚問からのアプローチ』を新装版として再出版するものです。

著者紹介

著:高橋 康(タカハシ ヤスシ)

1923年生まれ。1951年名古屋大学理学部卒業。フルブライト奨学生として1954年に渡米、ロチェスター大学助手。理学博士。アイオワ州立大学、ダブリン高等研究所を経て、1968年アルバータ大学教授。1991年よりアルバータ大学名誉教授。場の量子論におけるワード・高橋関係式の研究により、2003年日本物理学会素粒子メダルを受賞。著書多数。2013年逝去。

解説:柏 太郎(カシワ タロウ)

1949年生まれ。1968年東北大学理学部物理学科入学。1978年名古屋大学大学院理学研究科物理学専攻修了。理学博士。1979年九州大学助手、助教授を経て、2002年愛媛大学大学院理工学研究科教授。2015年より愛媛大学名誉教授。著書『量子場を学ぶための場の解析力学入門 増補第2版』(高橋康との共著、講談社)、『経路積分 例題と演習』(裳華房)、など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス