風致の島

文芸(単行本)
フウチノシマ
  • 電子あり
風致の島
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東南アジアでの巨大リゾート開発推進のため日本のスーパーゼネコンから現地役員として「島」に乗り込んでいた青木は、資金として投入された莫大な裏金の一部を着服して会社を離れ、計画が頓挫した後も島で隠遁生活を送っていた。現地で飼い殺しにされている元同僚の西村から、カジノを中心とする新たな開発計画の存在を聞いた青木は、その利権に食い込むため動き出す。
一方で青木は、島の男の二番目の妻になっていた日本人の女ミチコを「飼って」いた……。

金、酒、官能、暴力、逆転に次ぐ逆転……すべてが“過剰”な物語。

製品情報

製品名 風致の島
著者名 著:赤松 利市
発売日 2020年11月18日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-521564-7
判型 四六変型
ページ数 346ページ

著者紹介

著:赤松 利市(アカマツ リイチ)

1956年香川県生まれ。2018年「藻屑蟹」で第1回大藪春彦新人賞を受賞しデビュー。'20年『犬』で第22回大藪春彦賞を受賞。他の著書に『鯖』『らんちう』『ボダ子』『純子』『女童(めのわらわ)』『アウターライズ』『白蟻女』、自らの来し方を綴ったエッセイ『下級国民A』がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る