攫い鬼 怪談飯屋古狸

文芸(単行本)
サライオニカイダンメシヤフルダヌキ
  • 電子あり
攫い鬼 怪談飯屋古狸
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

行方知れずの子供そして
古狸の主(あるじ)・亀八はどこに?

人と猫に優しい虎太が歩けば、幽霊と犬に当たる!?
『古道具屋 皆塵堂』の著者、人気シリーズ大団円!

怖がりなのに、困っている人は幽霊でも見過ごせない虎太ゆえ……
     
怪談を聞かせるか“怖い場所”に行くと無代(ただ)なる妖しい飯屋「古狸」。
そこに看板娘・お悌と好物の茄子を目当てに通う二十歳の若者・虎太。
「うちの子を捜して」と告げる女の幽霊が出る場所に泊まり込んだ虎太は、
「しんきち」という子供を捜すことになるが……。
そして九ヵ月前に家を出たお悌らの父・亀八はどこに? シリーズ完結!

製品情報

製品名 攫い鬼 怪談飯屋古狸
著者名 著:輪渡 颯介
発売日 2020年11月11日
価格 定価 : 本体1,550円(税別)
ISBN 978-4-06-521499-2
判型 四六
ページ数 258ページ

著者紹介

著:輪渡 颯介(ワタリ ソウスケ)

輪渡颯介(わたり・そうすけ)
1972年、東京都生まれ。明治大学卒業。
『掘割で笑う女 浪人左門あやかし指南』で第38回メフィスト賞を受賞し、2008年にデビュー。
怪談と絡めた時代ミステリーを独特のユーモアを交えて描く。
好評の『古道具屋 皆塵堂』シリーズに続いて『別れの霊祠』で完結した『溝猫長屋 祠之怪』シリーズも人気に。
他の著書に『ばけたま長屋』『悪霊じいちゃん風雲録』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る