数奇伝

講談社文芸文庫
サッキデン
  • 電子あり
数奇伝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

著作のほとんどが発禁となったことで知られる叛骨の思想家。思わぬ病で歩行の自由を失い、余命の長からぬことを悟った彼が「生きながらの屍の上に自ら撰せる一種の墓誌」として語る生い立ちは、まさに「数奇」というほかない。幼少期に見た土佐の民権運動、大阪や東京での勉学の日々、作州津山での灼熱の恋と別れ、ジャーナリズムの夜明けと大陸への渡航、従軍、筆禍での下獄……。近代日本人の自叙伝中の白眉。

製品情報

製品名 数奇伝
著者名 著:田岡 嶺雲
発売日 2020年10月12日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-521452-7
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、『数奇伝』(1912年5月、玄黄社刊)を底本とし、講談社文芸文庫版として大幅に再編集したものです。

著者紹介

著:田岡 嶺雲(タオカ レイウン)

田岡嶺雲(1871・11・21~1912・9・7)
明治時代の評論家。漢学者。本名佐代治、別に栩々生と号す。土佐国(高知県生まれ)。若くして自由民権運動の影響を受け、文学に親しむ。水産伝習所を経て、帝大漢文学科選科卒業。投書雑誌『青年文』を主宰し、樋口一葉や泉鏡花を早くから評価。教員を経て『万朝報』『中国民報』などの記者や主筆をつとめ、幸徳秋水らとまじわる。北清事変に記者として従軍、反戦的記事に健筆をふるう。また、雑誌『天鼓』などで反資本主義、女性解放をとなえた。社会主的義評論の先駆者であり、ほとんどの著作のほとんどが発禁となったことで知られる。著作に『嶺雲揺曳』『壺中観』『明治叛臣伝』などがある。

オンライン書店で見る