日本人の希望

ニホンジンノキボウ
日本人の希望
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

不安に押しつぶされそうなとき、
明日が見えなくて苦しいとき、
この本を手に取ってほしい。
たましいに力がみなぎる「67の処方箋」

終わらない新型コロナウイルスの脅威、細っていく経済……誰もが今、明日がどうなるか見えなくて、不安を抱えながら生きています。
希望の灯はもう消えてしまったのか?
「そんなことはない」と、二人は断言します。
鈴木「どんなことでも物事の中には相反する二つのエネルギーが引き合っていて、メリットがあれば必ずデメリットがある。そしてデメリットがあれば、そのデメリットによってもたらされるメリットが必ずあるのです」
江原「辛いこと、悲しいことがあった日も、『このことによるメリットは?』と考えてみると絶対に何かあるはずなんですよ。そのメリットのほうだけを見つめて生きていける人は、幸せ上手な人といえるでしょうね」
希望の灯はあなたの心の中、たましいの中にともっています。
ここに書かれている「67の処方箋」を読むことで、希望への道が必ず拓かれることでしょう。

【本書に登場する「幸せの処方箋」】
●執着を手放す勇気を持つ●「丁寧に暮らす」ことの大切さ●幸せの形は一人ひとり違う●思い通りの人生など存在しない●悩みの大半は実は些末なこと●少しくらい遅れたっていいじゃない●ネガティブな感情は心の片隅に放置する●「こうあるべき」を捨てる●自分のせいで、と思いすぎない●困難は物事を変革するチャンス●「もっともっと」は不幸のはじまり●人は誰も幸せになる権利がある●「ブレない精神」を手に入れるために●良縁も悪縁も両方大切●優しさと偽善の境界線●老いることは手放していくこと●迷惑かけたっていいじゃない●安らかに年を取る技術●腹が立ったら「ありがとう」と唱える●もっと図太くならないと ほか

目次

はじめに この対談は偶然ではありません

第一章  幸せって何だろう?
「何を幸せと思うか」は一人ひとり違う
自分なりの幸せのみつけ方
思い通りの人生など存在しない
悩みの大半は実は些末なこと
100パーセント良いことも100パーセント悪いこともない
「コロナのせいで」と「コロナのおかげで」
生きることはバランスを保つこと
進化より大切なもの

第二章 「聖なるあきらめ」を手に入れる
少しくらい遅れたっていいじゃない
執着を手放す勇気
押してダメなら引いてみる
人は一ミリ一ミリ成長していく
「雨ニモマケズ」が教えてくれること
日本人は元々信仰心が強い民族
怠惰な土地に花は咲かない
ネガティブな感情は心の片隅に放置する
目に見えないものを信じる
「丁寧に暮らす」ことの大切さ

第三章 他者を赦して、自分を赦す
母の愛がもたらすもの
「こうあるべき」を捨てる
自分のせいで、と思いすぎない
「いつも不機嫌な人」の共通点
自分を赦すために必要なものとは?
他者を赦せない人は、自分も赦せない
感情で離婚するのは愚かなこと
世界の平和はあなたのほほえみから始まる

第四章 苦難だらけの世の中を生き抜くために
仕事があるだけありがたい
困難は物事を変革するチャンス
本来、仕事のほとんどは奉仕
幸福感の連鎖が社会を動かす
コロナ後の日本に残された希望
人に助けを求める勇気

第五章 幸せになるのが下手な日本人
立ち止まって考えてみる
「もっともっと」は不幸のはじまり
人は誰も幸せになる権利がある
なぜ他人の欠点が気になるのか
「愛している」と言わない日本人
人間は無力なんだから
コロナ渦中に戦争を思う
日常生活に「小さなご縁」を見つける
天からのサインに耳を傾ける
日本人に欠けているのは自尊心
責任を取らない人たち
日本人は「ストレス」を言い訳にしている
「ブレない精神」を手に入れるために
良縁も悪縁も両方大切

第六章 老いること、死ぬことにどう向き合うか
自分のことばかり考えていませんか?
人が自殺を考えるとき
本当に死にたい人なんかいない
告白は心のデトックス
「あなたのために祈ります」
優しさと偽善の境界線
意地を張らずに知恵を絞る
忖度しすぎる必要はない
安らかに年をとる技術
老いるとは手放していくこと
迷惑かけたっていいじゃない
「いつ死んでもいい」は傲慢
死後の世界ってどんなもの?
「死」を楽しみにして生きる

第七章 人は傷つきながら成長する
試練のときこそ神様に感謝する
腹が立ったら「ありがとう」と唱える
人生に落第はない
まだまだ全然どん底じゃない
今の子どもの教育はおかしい
もっと図太くならないと
生きているだけで奇跡なんだから

製品情報

製品名 日本人の希望
著者名 著:江原 啓之 著:鈴木 秀子
発売日 2020年09月30日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-521362-9
判型 四六
ページ数 202ページ

著者紹介

著:江原 啓之(エハラ ヒロユキ)

江原啓之(えはら・ひろゆき)
スピリチュアリスト、オペラ歌手。一般財団法人日本スピリチュアリズム協会代表理事。1989年にスピリチュアリズム研究所を設立。主な著書に『幸運を引き寄せるスピリチュアル・ブック』(三笠書房)、『予言』『守護霊』『聖なるみちびき』(共に講談社)、『あなたの呪縛を解く 霊的儀礼』『災いから身を守る 霊的秘儀』(共に講談社ビーシー/講談社)、『幸せに生きるひとりの法則』(幻冬舎)、『あなたが輝くオーラの旅 33の法則』(小学館)などがある。

著:鈴木 秀子(スズキ ヒデコ)

鈴木秀子(すずき・ひでこ)
聖心会シスター。東京大学大学院人文科学研究博士課程修了。文学博士。フランス、イタリアに留学。スタンフォード大学で教鞭をとる。聖心女子大学教授(日本近代文学)を経て、国際コミュニオン学会名誉会長。聖心女子大学キリスト教文化研究所研究員・聖心会会員。主な著書に『9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係』(PHP研究所)、『あなたは、あなたのままでいてください。』『あきらめよう、あきらめよう』(共にアスコム)、『今、目の前のことに心を込めなさい』(海竜社)などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス