いまひとたびの 百人一首姫物語

青い鳥文庫
イマヒトタビノヒャクニンイッシュヒメモノガタリ
  • 電子あり
いまひとたびの 百人一首姫物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

恋、別れ、友情……。
百人一首に選ばれた和歌の背景には、どんなできごとが?

和歌や文章の才能を生かし、代筆もしていた赤染衛門。
皇子二人に愛された和泉式部。宮中で親友を見つけた伊勢大輔。
自分らしさを探してもがく、和泉式部の娘・小式部内侍。
許されない恋に落ちた親友を思う、紫式部の娘・大弐三位。
詠み手の女性5人の半生を描いた短編集。
<小学校上級から大人まで・すべての漢字にふりがなつき>

製品情報

製品名 いまひとたびの 百人一首姫物語
著者名 文:時海 結以 絵:久織 ちまき
発売日 2020年11月11日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-521406-0
判型 新書
ページ数 176ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

文:時海 結以(トキウミ ユイ)

長野県生まれ。歴史博物館にて、遺跡の発掘や歴史・民俗資料の調査研究にたずさわったのち、2003年作家デビュー。著書に『平家物語 夢を追う者』『竹取物語 蒼き月のかぐや姫』『枕草子 清少納言のかがやいた日々』『紫式部日記 天才作家のひみつ』『南総里見八犬伝(全3巻)』『真田十勇士』『雨月物語 悲しくて、おそろしいお話』『日本の神さま 古事記の物語』(いずれも講談社青い鳥文庫)、『小説 ちはやふる中学生編(全4巻)』(講談社)ほか多数。日本児童文学者協会、日本民話の会に所属。

絵:久織 ちまき(クオリ チマキ)

新潟県生まれ。2000年にメジャーデビュー。以後、ライトノベルの挿絵仕事 を中心に多岐に渡って活動。青い鳥文庫では、同じ著者とのコンビで『平家物語 夢を追う者』『枕草子 清少納言のかがやいた日々』『紫式部日記 天才作家のひみつ』の作品があるほか、『パセリ伝説(全12巻)』、『パセリ伝説外伝 守り石の予言』などの挿絵をてがけている。漫画の作品に「聖闘士星矢 セインティア翔」シリーズ(車田正美・原作/秋田書店)ほかがある。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る