歴史人物ドラマ 渋沢栄一 日本資本主義の父

青い鳥文庫
レキシジンブツドラマシブサワエイイチニッポンシホンシュギノチチ
  • 電子あり
歴史人物ドラマ 渋沢栄一 日本資本主義の父
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

将軍のブレーンから新政府の官僚、そして実業家へ
2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」、そして2024年発行予定の新紙幣に登場する渋沢栄一。「日本資本主義の父」と呼ばれる彼は、幕末の1840年、武蔵国血洗島(埼玉県深谷市)の豪農に生まれた。尊王攘夷の倒幕運動を企てたこともあったが、最後の将軍・徳川慶喜に仕えることに。慶喜の弟・昭武に従ってパリ万博使節団として渡欧。帰国すると幕府はなくなっており、慶喜の隠居に伴って静岡へ移る。ここで興した株式会社が大隈重信の目に留まって明治政府の官僚となった。のち実業家に転身。生涯500余りの会社を興し、近代日本の経済の基礎をつくったダイナミックな人生を描く。
<伝記 小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

製品情報

製品名 歴史人物ドラマ 渋沢栄一 日本資本主義の父
著者名 文:小沢 章友 絵:十々夜
発売日 2020年11月26日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-521356-8
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

文:小沢 章友(オザワ アキトモ)

1949年、佐賀県出身。早稲田大学政経学部卒業。『遊民爺さん』(小学館文庫)で開高健賞奨励賞受賞。史実にもとづいた読みやすい歴史物語には定評があり、おもな著書に『織田信長‐炎の生涯‐』『豊臣秀吉‐天下の夢‐』『徳川家康‐天下太平‐』『黒田官兵衛‐天下一の軍師』『武田信玄と上杉謙信』『真田幸村‐風雲! 真田丸』『大決戦! 関ケ原』『徳川四天王』『飛べ! 龍馬』『西郷隆盛』『三国志』(全7巻)、『西遊記(新装版)』『明智光秀』(以上講談社青い鳥文庫)など。歴史もののほかにも『プラネット・オルゴール』(講談社)『三島転生』(ポプラ社)『龍之介怪奇譚』(双葉社)などの作品がある。

絵:十々夜(トトヤ)

イラストレーター。富山県生まれ、京都育ち。児童書の装画を中心に、キャラクターデザインやゲームのイラストなど幅広く活躍中。児童書の仕事では『ストーリーで楽しむ伝記・空海』(那須田淳・岩崎書店)、『キセキのスパゲッティー』(山本省三・フレーベル館)など。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る