九重家献立暦

講談社タイガ
ココノエケコンダテゴヨミ
  • 電子あり
九重家献立暦
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

私たちは、家族になれるのだろうか。

故郷に帰った私を待っていたのは、母の駆け落ち相手の息子だった。
『後宮の烏』の著者が創る家族再生の献立(レシピ)。

母がわたしと家を捨て駆け落ちしたのは、小学校の卒業式の日だった。旧家の九重家で厳しい祖母に育てられたわたしは、大学入学を機に県外へ出た。とある事情で故郷に戻ると、家にはあの頃と変わらぬ頑迷な祖母と、突如居候として住み着いた母の駆け落ち相手の息子が。捨てられた三人の奇妙な家族生活が始まる。
伝統に基づく料理とともに紡がれる、優しくも切ない家族の物語。

製品情報

製品名 九重家献立暦
著者名 著:白川 紺子
発売日 2020年10月15日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-521233-2
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:白川 紺子(シラカワ コウコ)

三重県出身。同志社大学文学部卒。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。主な著書に『三日月邸花図鑑 花の城のアリス』(講談社タイガ)、『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』『後宮の烏』シリーズ(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『夜葬師と霧の侯爵』(コバルト文庫)などの著書がある。

オンライン書店で見る