女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。

講談社文庫
オンナノコノコトバカリカンガエテイタライチネンガタッテイタ
  • 電子あり
女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

如何にモテるか――それだけをこの胸に問い続けて、今日まで生きてきた。この本の主成分は、これまで恋に関して沈黙するしかなかった有象無象たちの涙なのだ。
「有象くん」と「無象くん」というフツーの男子大学生をはじめ、女の子たちをめぐりもろもろ事件が起きる春夏秋冬のエピソードが綴られる連作短編集。「イケメンくん」に「二番手くん」「ダンベル先輩」「抜け目なっちゃん」、「都合良男先輩」などキャラクターを強調された登場人物たちの悲喜こもごもが描かれる青春ストーリー。

製品情報

製品名 女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。
著者名 著:東山 彰良
発売日 2020年11月13日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-521557-9
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、2017年11月に小社より刊行されたものです。

著者紹介

著:東山 彰良(ヒガシヤマ アキラ)

1968年台湾生まれ。5歳の時に日本に移る。2002年『逃亡作法 TURD ON THE RUN』で「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞しデビュー。’09年『路傍』で大藪春彦賞、’15年『流』で直木賞を受賞。『罪の終わり』で’16年中央公論文芸賞受賞。’17年『僕が殺した人と僕を殺した人』で織田作之助賞受賞、読売文学賞、渡辺淳一文学賞を受賞した。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る