罪の名前

講談社文庫
ツミノナマエ
  • 電子あり
罪の名前
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日向には秘密がある。それは、口の中で生き物の蠢きを感じるのをが楽しくてやめられないこと。誰からも気味悪がられるその秘密を唯一守ってくれるのが、幼馴染の隼人だった。思いがけず、隼人が同級生に嫌がらせをされていることを知った日向は、ついにある行動に出るが(虫食い)。人間の本性を炙り出す傑作短編集。

目次

  • 罪と罰
  • 消える
  • ミーナ
  • 虫食い

製品情報

製品名 罪の名前
著者名 著:木原 音瀬
発売日 2020年09月15日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-520810-6
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2018年2月、小社より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:木原 音瀬(コノハラ ナリセ)

高知県生まれ。1995年「眠る兎」でデビュー。不器用でもどかしい恋愛感情を生々しくかつ鮮やかに描き、ボーイズラブ小説界で不動の人気を持つ。『箱の中』は刊行時、「ダ・ヴィンチ」誌上にてボーイズラブ界の芥川賞作品と評され、話題に。『美しいこと』はコミカライズもされ、幅広い層の人気を博している。ほかの著書に『コゴロシムラ』『嫌な奴』『秘密』『ラブセメタリー』『捜し物屋まやま』など多数。

オンライン書店で見る