無色騎士の英雄譚 3

ムショクキシノエイユウタン3
  • 電子のみ
無色騎士の英雄譚 3
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 ニート率いる部隊の活躍により、インランド王国北方の国境で行われたロンブーツ教国軍との争いは終結した。戦争の論功で第三王子から勲功第一と讃えられたニートは、莫大な報奨金と共にトーリノ関門防衛司令官代理という新たな役職に就くことになる。報奨金に目がくらんでうっかり潤無を受諾してしまったニートは、納得のいかない部分を持ちながらもトリーノの街に赴任する。「防衛司令官代理」とはいうものの、実際にはトリーノ関門の事実上の責任者で、関門に逗留する1万人もの兵隊を直轄するだけでなく、商業区の管理なども行う、統治者としての抜擢だったのだ。嫌な予感が的中し、多忙な任務に追われることとなったニート。しかし、遠く離れたかの地で自分の帰りを待っているコゼットと幸せな未来を築くために、ニートは管理職としての職に励むのだが……。

©Yamamichi Uraga

製品情報

製品名 無色騎士の英雄譚 3
著者名 著:浦賀 やまみち イラスト:ヤマウチ シズ

著者紹介

著:浦賀 やまみち(ウラガ ヤマミチ)

新潟県出身。高校卒業後に上京。CGデザイナー、ゲームセンター店長などを経て、現在は地元の新潟在住。とあるサイトの管理人に小説の感想を送っていたところ「あなたも小説を書いてみませんか。一緒にサイトを盛り上げてください」と言われ、作文は苦手だったが1998年から創作活動をはじめる。2014年より「小説家になろう」への投稿を開始し、現在に至る。

オンライン書店で見る